1スクリーン
96席
▼7GEI PICTURES

自転車でお越しの方へ
駐輪場のご案内は→こちら
阪急十三駅から第七藝術劇場への行き方
※徒歩で3〜5分程度です
  阪急十三駅の西改札口を出て下さい。


  改札を出ると短いアーケードがあります。

 「喜八州総本舗」さんを通りすぎてください。

  アーケードを抜けると大きな交差点になっています。地図2

  交差点の左ななめ向こうに、
  「栄町商店街」の入り口と「吉野家」さんが見えます。

信号を渡り、栄町商店街の中に入ると
「サンポード」と書かれた看板の上に、黄色いボーリングのピンが立っています。
このビルまで来て下さい。
地図3

ビルの入り口に「映画」の文字が見えます。
地図4 

  中へ入るとエレベーターがあります。6Fが第七藝術劇場です。

  ようこそ。中に入って受付でチケットをお求め下さい。
「ナナゲイ」の愛称で知られていた第七藝術劇場は、1999年5月末より休館していましたが、2002年7月、地元の方々の熱いご支援を受けて再オープンいたしました。関西でミニシアターが次々と閉館に追い込まれる中での再出発でした。
再オープンしてから劇場スタッフは毎日をバタバタと過ごしています。決して順風満帆とは言えない状況ですが、地元の方々のお力添えや、お客様の「ありがとう」の温かいお言葉に支えられて、スタッフ一同、頑張ってます!

ところで、みなさまは「第七藝術」という言葉をご存知ですか?
名づけ親はイタリアのR・カニュード(1879〜1923)。映画はその最初期、大衆娯楽でしかなく、「芸術」としては認められていなかったのです。そこで彼は、音楽・舞踏・文学という「時間の芸術」と、建築・絵画・彫刻の「空間の芸術」をつなぐ「第7番目の芸術」として、“映画”を定義づけたのです。
つまり、「第七藝術」は「映画」のことなのです。この言葉を冠したナナゲイでは、これからも良質の作品を上映できるよう、またお客さまに上映作品を心から楽しんでもらえるような温かいサービスを提供できるよう、スタッフは一丸となって前進します!
ぜひナナゲイへお越し下さい。みなさまのご来場を心よりお待ちしております。

第七藝術劇場スタッフ一同 

●第七術劇場のメールマガジンを発行しています。くわしくはナナゲイ・メールマガジンにて


Sorry Japanese Only. Copyright (C) 2002-2016 The Seventh Art Theater. All right reserved.
第七藝術劇場Webサイトの画像、文章の転載は禁止しております。