*-



2008.12.8/12.10
 

「能登の花ヨメ」舞台挨拶

 12月6日(土)12時35分の回の上映前に白羽監督と田中美里さんにお越しいただきました。
 120人もの大勢の方にご来場いただき、活気ある舞台挨拶になり、スタッフ一同喜んでおります。
 15分間、司会の方の進行で舞台挨拶が進みましたが、関西出身の白羽監督の軽妙なトークを中心に、田中美里さんも実に柔らかい透明な感じのお話で、とても素敵なご挨拶になりました。
 この日は朝は、シネカノン神戸、そしてナナゲイ、最後に京都シネマと本当にお疲れ様でした。
 上映の最後には盛大な拍手が沸き起こりました。


 12月9日(火)18:50の回の上映前に、白羽監督と松尾貴史さんに舞台挨拶にお越しいただきました。
 松尾貴史さんの軽妙なトークで、客席の笑いを取りながらの楽しいトークです。
 その後、映画をまだご覧になっていないということで、白羽監督と松尾貴史さんは映画をご覧になられて、夜の大阪の街に繰り出されました。
▲トップにもどる▲

2008.11.25
「橋下維新!?
大阪の「文化と都市格」を考える」
開催

 11月23日(日)。
 140人満員の中、春野恵子さんの浪曲、旭堂南海さんの講談。
 そして木津川計さん、有栖川有栖さん、桂あやめさん、わかぎゑふさん、小林聖太郎さん、旭堂南海さんで繰り広げられたシンポジウムは、実に有意義でユーモアに溢れた内容となりました。
 実に開催のために御尽力いただいた皆様、そしてナナゲイスタッフ一同に感謝です。
▲トップにもどる▲

2008.11.25
『トリコン!!!リタ→ンズ』舞台挨拶
   

   

 11月22日(土)。
 エースこと進藤学さんが上映前に舞台挨拶に来られました。
 大勢なお客様の前で実にサービス精神に溢れたトークを繰り広げられました。

▲トップにもどる▲

2008.11.25
『空想の森』舞台挨拶&トークショー
 11月22日(土)。
 前日のビジュアルアーツ専門学校での講演で北海道より大阪入りされていた田代陽子監督が上映前に簡単にご挨拶され、上映後には4F新僑飯店オレンジルームに会場を移して和気藹々なトークショーを行いました。
▲トップにもどる▲

2008.11.19
『天使のいた屋上』
 ぴあ満足度ランキング第6位に選ばれた本作。
 11月19日(水)、上映前に小柳友さんに舞台挨拶にお越しいただきました。
▲トップにもどる▲

2008.11.17
映画『夢のまにまに』キャンペーン
 11月13日(木)に、映画『夢のまにまに』のマスコミキャンペーンで主演の長門裕之さんにナナゲイまでお越しいただきました。
 朝10時半からのMBSでの「ありがとう浜村淳」の収録に始まり、夕方の7時半まで25社のマスコミの方を相手に取材を受けていただきました。本当にお疲れ様でした。
 映画内容にもオーバーラップすることもあり、その介護のお話を聞けば聞くほど長門裕之さんの誠実なお人柄が滲み出て感動的でした。
 あの石原裕次郎さんと日活を支えた大スターですが、とても親しみやすい優しい方で、やっぱり大スターというのは違うなぁと感心したのでした。
▲トップにもどる▲

2008.11.10
『We 命尽きるまで』

 11月8日(土)初日を迎える。藤山監督とプロデューサーの暮松さんに東京からお越しいただき、映前にご挨拶をいただきました。
 監督はこの映画への熱い想いを語り、上映後にはお客様から拍手巻き起こりました。
1週間限定上映ですが、来年新春にはアンコール上映も予定しております。


『むずかしい恋』

 11月9日(日)上映前に、三浦誠己さん(出演)にご挨拶にお越しいただきました。
 1週間限定上映ですので、是非ともお見逃しなく!!

▲トップにもどる▲

2008.11.1
「12人の怒れる男」裁判員制度セミナー最終回

 11/1は映画の日ということもあってか、3回行って来たセミナー中で一番の参加者数でした。
 そして今回は一番質疑応答時、活発に、そして本質を突いた質問が飛び交いましたが、森直也弁護士は丁寧にお答えいただきました。
 余談ですが森弁護士はかなりの映画好きで、ナナゲイによくお越しいただいているそうです。

▲トップにもどる▲

2008.11.1
「深海獣レイゴー」監督トーク

 

 公開初日(11/1)、怪獣ファンの熱気に溢れる中、映画上映後、監督の林家しん平さんが熱い一人トーク(一人舞台?)を繰り広げました。
 お客様からのマニアっくな質問も飛び交う中、前日に製作発表を行った「深海獣雷号」のお話で会場を爆笑の渦に・・・。
 今度の新作は怪獣×アイドル×親父×浅草と従来の怪獣映画の定型を破る異色作という意気込みを熱く熱く語られ、サイン会にものぞまれました。

▲トップにもどる▲

2008.10.26
第2回『12人の怒れる男』を見て
裁判員制度を知るセミナー
開催

 10月26日(日)17:35から、11月25日の第1回目に引き続き、本日第2回目の裁判員制度を知るセミナーを同ビル4Fの新僑飯店オレンジルームで開催いたしました。
 前回より入場者の数から考えて少ない参加でしたが、今回はヒューマン法律事務所の依田先生にお越しいただき、1時間弱に渡り、解説&質疑応答が活発に続きました。
 11月1日には最後のセミナーを開きますので、奮ってご参加下さい。

▲トップにもどる▲

2008.10.19
『ねこのひげ』舞台挨拶

 公開初日(10/18)、製作・主演の大城英司さん、監督の矢城潤一さん、京都出身で出演の仁科貴さんに舞台挨拶にお越しいただきました。
 上映後、有志を募って1Fの「北の家族」でファンとの交流会も開かれました。

『12人の怒れる男』裁判員制度セミナー

 10月18日(土)の映画上映後、4Fオレンジルームにて映画鑑賞後のお客様の希望者対象に大阪弁護士会からお越しいただいた小田幸児弁護士による裁判員制度の説明会セミナーを開きました。
 来年実施に向けて何度も模擬裁判をされている小田弁護士のお話は実に分かりやすく質疑応答も活発に行われました。
 10月26日(日)と11月1日(土)の上映後にも開催予定ですので奮ってご参加下さい。

▲トップにもどる▲

2008.9.27
映画『バックドロップ クルディスタン』
監督&プロデューサー・トークショー
 
 9月27日(土)公開初日。野本監督と大澤プロデューサーにお越しいただきました。
 10時20分の回の上映後、同ビル4F新僑飯店オレンジルームにて会場を移しての開催です。
 野本監督と大澤プロデューサーとお二人で行われたトークショーは、制作や監督作業の過程を実に分かりやすくお話されており、二人の若者がいかにこの困難なテーマに挑んで行ったのかがよく分かりました。
 1時間半に渡るトークショーでしたがこれから映画を作ろうと思っている方にも勇気を与えてくれるものになったのではないでしょうか?
▲トップにもどる▲

2008.9.6
映画『おいしいコーヒーの真実』
フェアトレードの現場からのお話
 
 9月5日(金)16:15より映画鑑賞者対象に劇場同ビル4F新僑飯店オレンジルームにて「フェアトレードの現場より」と題してフェアトレード・サマサマ事務局長 小吹岳志氏をお招きして現場サイドからの実践的なお話をしていただきました。
 映画鑑賞者50人の内、30人の参加者がいらっしゃり関心の高さが伺えました。非常に分かりやすいお話でフェアトレードへの入り口となったと思います。
▲トップにもどる▲

2008.8.31
映画『ドモ又の死』監督舞台挨拶
 
 8月30日(土)の公開初日、レイトショーの上映後に監督の奥秀太郎さんにお越しいただきました。同日に名古屋でも公開初日で夕方の舞台挨拶を終えられてその足で大阪です。お疲れ様でした。
 監督の来年公開予定の最新作『USB』に出演され、監督が演出される新国立劇場での舞台『黒猫』にも出ておられる木村さんも飛び入り参加です。
 次回作は『カインの末裔』でベルリン国際映画祭に監督が行かれた際にお知り合いになった桃井かおりを初め、大杉蓮さん、大森南朋さん、野田秀樹さん出演の新作で新たな挑戦をされているそうです。
▲トップにもどる▲

2008.8.17
映画『アメリカばんざい crazy as usual』
藤本監督トークショー
 
 8月16日(土)に初日を名古屋と同時に迎えました。1日1回の上映ですがほぼ満席の好調のスタートです。
名古屋も4回上映でほぼ毎回満席の好調なスタートという話です。東京での上映は男性客が中心という話でしたがナナゲイでは若いカップルや女性客も来られて平均的な客層です。

 2日目もほぼ満席の状況で藤本幸久監督が上映前に簡単な挨拶をされました。
 上映後、同ビル4Fのオレンジルームで藤本監督のトークショーが行われましたが参加者は60人近く参加され盛況でした。

 3ヶ月間のブートキャンプでの訓練でアメリカの若者がいかに殺人マシーンに改造されて行くかという興味深い話が続きます。彼らを改造するために必要なものは「恐怖と疲労」です。恐ろしい。
 アメリカの貧困層の若者が大学の奨学金の獲得のためなどの様々な理由で志願して、そして殺人マシーンとしてイラク戦争に派遣される。そしてそこで戦争による殺人を続ける内に人間性を取り戻し、PTSDとなり帰国後、社会復帰出来ずにホームレスとなる。恐怖の循環です。
 しかし、現在、アメリカのイラク戦争に派遣されている兵士の何万という若者が脱走兵となっているという事実に何故かホッとするのは私だけでしょうか。
 このアメリカの今を描く本作は今後の日本の行く末に繋がっていることを私たちは決して忘れてはならないと思います。
(支配人 松村)

▲トップにもどる▲

2008.8.9
映画『ひめゆり』アンコール上映
盛況なスタート!
 
 昨年も当館で上映し、静かな反響を巻き起こした映画『ひめゆり』のアンコール上映が8月9日(土)より2週間限定(1日1回上映)で始まりました。初日の14:30の回に80人近くの方にご来場いただきました。昨年と違って非常に大勢の若い人たちにお越しいただいており監督共々とても嬉しい悲鳴です。
 本作はおばあたちの意向もあり決してDVD化されることはありません。ナナゲイは本作を毎年上映し続けることでおばあたちの言葉を大勢の皆様に伝えていくつもりです。
上映後のオレンジルームでの柴田昌平監督のトークショーにも30人以上の方にご参加いただき2時間近くに渡り質疑応答も交えて続きました。そしてこちらも参加者は若者がほとんどです。何か今の若者たちも捨てたもんじゃないなぁと嬉しくなりました。何も知らない自分たちの立場を踏まえておばあたちの証言を真摯に受け止めている姿を見て映画館としてただ作品を上映するだけではない何かが出来るのではと思うのでした。
▲トップにもどる▲

2008.8.2
『おいしいコーヒーの真実』
字幕監修の辻村英之・京都大学大学院農学研究科准教授
フェアトレードのセミナー開催
 
 8月2日(土)13:30から、今、話題の『おいしいコーヒーの真実』の字幕監修をされております京都大学大学院農学研究科准教授の辻村英之さんをお招きして同ビル4Fの新僑飯店オレンジルームにてフェアトレードのセミナーを行いました。
 参加費500円でフェアトレードコーヒーとケーキを食しながらのフェアトレードのしくみの講義です。
 多数の方の参加で会場は熱気で包まれる中、辻村先生のビデオプロジェクターを使っての分かりやすいお話が続きました。
 当初、1時間の予定が2時間近くも続きました。

 本作をご鑑賞して、それがきっかけでファエアトレードにご興味を持っていただければと思い、開催致しました。
 今後、『おいしいコーヒーの真実』の上映期間中に改めて違った形でセミナーが行えればと考えております。
 その際にはまた振るってご参加いただければ幸いです。
▲トップにもどる▲

2008.7.28
『憐Ren』上映で舞台挨拶勢ぞろい
主演の馬場徹くん、監督の堀禎一さん、原作者の水口敬文さん
 
 
7/27(日)、映画『憐Ren』の上映に主演の馬場徹くん、監督の堀禎一さん、そして原作者の水口敬文さんが駆けつけて下さいました。

朝の9:00の回の上映後と11:15の回の上映前の2回ですが、両回とも熱い熱気の女子たちが詰めかけ立ち見の出る状況でした。

前日の東京での舞台挨拶と大阪の舞台挨拶、そしてその後、名古屋での舞台挨拶と・・・。

かなり馬場徹くんはハードなスケジュールです。お疲れ様でした。
▲トップにもどる▲

2008.7.6
映画『花はどこへいった』
坂田雅子監督舞台挨拶とトーク・サイン会
 
 
映画『花はどこへいった』の公開2日目。12:40の回の上映後と14:10の回の上映前に坂田雅子監督に舞台挨拶でご来館いただきました。監督はとても物静かな方ですが実に芯の強さを感じさせる素敵な女性です(それにとても美しい方です!)お客様にも大勢お越しいただき監督共々非常に喜んでいたのがこうしたドキュメンタリー映画ではあまり見かけない若者たちが数多く映画を見に来ていただいていたことです。初日は22人の女子校生たちが先生に見に行きなさいと言われて団体で来られたのには非常に驚くと共にとても嬉しく思いました。

15:45からは会場を同ビル4Fの新僑飯店オレンジルームで上映期間中、劇場ロビーで写真展を開催しているフォトジャーナリストの村山康文さんとのトークショーを1回目と2回目のご鑑賞者を対象に開催いたしましたが70人近くの方にご参加していただき会場が熱い熱気に包まれました。ベトナムに何度も訪れている村山さんが坂田監督に質問を投げ掛けていく形のトークショーは会場からの質疑応答で最高潮に達し、より深く映画を理解する場になったと思います。急遽お二人のサイン会も開催し、お客様とお二人の深い交流が図れたと思います(支配人 松村)
▲トップにもどる▲

2008.7.5
攻撃から5年:イラクの人たちの生活 人道支援に何ができるか?
『引き裂かれた祖国』上映とシンポジウム
 
 
第七藝術劇場の共催イベント上映として「攻撃から5年:イラクの人たちの生活 人道支援に何ができるか?」と銘打ってドキュメンタリー映画『引き裂かれた祖国』の上映と上映後に2時間に渡るシンポジウムを開催致しました。
劇場には140人近くの方が詰め掛け、イラク戦争後の人道支援に対する皆様の関心の高さを肌で感じました。イラク問題に関してはオールスターと言っても過言ではないメンバーでのシンポジウムは東京外国語大学大学院地域文化研究科教授のイラク問題の第一人者の酒井啓子さんの緩急を取り混ぜ、実にフランクな感じの司会のお陰で素晴らしいものとなりました。
当館が協力することで非常に大勢の一般の方に参加していただくことが出来、主催者の方々共々非常に有意義な会になったと喜んでおります(支配人 松村)
▲トップにもどる▲

2008.5.12
映画『おそいひと』上映&トークイベント
 
 
5月6日(土)に『おそいひと』上映&トークイベントを、いつもお世話になっているサンポードビル4Fの新僑飯店さんの大ホールを借りて行いました。
 主演の住田雅清さん・柴田剛監督をはじめ、出演者の福永年久さん・バミューダ☆バガボンドのボーカルでもある堀田直蔵さんに加え、ゲストに小説家モブ・ノリオさんを招き、先日の舞台挨拶の倍にあたる、2時間に及ぶ白熱トークセッションとなりました。
『おそいひと』レイトショーにて続映中ですので、この恐ろしい話題作をぜひ観にきて下さい。
▲トップにもどる▲

2008.5.1
映画『おそいひと』トークショー
 


 4月26日(土)、4月27日(日)の両日、『おそいひと』上映後に柴田剛監督、主演の住田雅清さん、志摩敏樹プロデューサーによるトークショーを行いました。
 レイトショーにもかかわらず、2日間ともほぼ満席の中で、柴田監督、志摩プロデューサーによる映画製作の裏話や、住田さんとのボイスマシーンでのやり取りなど、2日間とも1時間を越えるかなり熱の入ったトークショーとなりました。終電の時間を気にして帰られたお客様には、大変申し訳なく思います。
 『おそいひと』の上映は、レイトショーでまだまだ続きます。この話題作、問題作をご覧になってない方は、ぜひ劇場まで足をお運び下さい。
 また5月6日(祝)には、同ビル4階の新僑飯店さんの大ホールで、13:30より『おそいひと』上映&トークセッションを行います。もう映画を観てしまったという方は、15:00頃から始まるトークセッションのみなら、フリーで参加できます。
 ゲストにモブ・ノリオさんを招いてのトークとなりますので、濃い内容になること間違いなしです!
▲トップにもどる▲

2008.3.31
映画『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』
初日舞台挨拶
 


 3月29日(土)。ついに当館での映画『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』の公開が始まりました。
 公開初日に若松孝二監督、永田洋子役の並木愛枝さん、森恒夫役の地曳豪さんに舞台挨拶でお越しいただきました。

 早朝上映の8:30の回と13:55の回の上映後、2回です。
 上映時間が3時間10分もあり、その間にテアトル梅田と京都シネマでの舞台挨拶をこなす超多忙なスケジュールですが、お三方とも精力的に動いていただき本当に感謝しております。

 朝8:30の早朝上映は初めての試みでしたが、130人近くの方にお越しいただき、この映画に対する感心の深さを実感いたしました。
 2回目の上映も120人近くと、熱気溢れる中での舞台挨拶でした。

 観客の方からも積極的に質問が飛び出し、時にユーモアに溢れ、時に熱い想いに溢れたとても素敵な舞台挨拶になりました。

 PS.舞台挨拶の模様は近く毎日放送の「VOICE」で紹介される予定です。
▲トップにもどる▲

2008.3.20
『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』
京大西部講堂上映会
 
 

 

 
▲クリック作品紹介▲
 3月20日(木・祝)。朝から雨という予報が嘘のように雨が上がり、曇り空ながら京大西部講堂での上映会は幕を開けました。
 前売券は250枚は売れているので300人はご来場いただけるとは思っていましたが、当日券の方が180人近くもお越しいただき、430人で立ち見のお客様も出て会場は熱い熱気に包まれました。
 3時間10分。誰ひとりトイレに立たれることもなく映画は疾走しました。団塊の世代の方々が多く来られていましたが、若いカップルなど若者の姿も多く、関係者一同大いに喜んでおりました。
 上映後のトークショーは和やかに且つ熱く1時間半近く行われ、その後の若松孝二監督、地曳豪さん、並木愛枝さんを囲んで宴会も40人近くが残られ、楽しい時間を過ごすことが出来ました。
 最終の新幹線で東京に戻られる若松孝二監督が、帰り際に「関西は本当にいいなぁ」と言葉を残されて帰られました。本当に素敵なイベント上映でした。
▲トップにもどる▲

2008.3.4
『ジプシー・キャラバン』ミニライブ
 

 3月1日(土)初日と翌日2日(日)のレイトショー上映前に純国産和製ジプシー楽隊「Freylekh Jamboree」によるミニライブを行いました。連日立錐の余地がないぐらいの超満員御礼の入りでした。
 劇場後方の入場口から劇場内を練り歩きながらの演奏での登場です。お客様からは拍手の嵐。演奏はリーダーの方の軽妙なMCトークに乗ってオリジナル曲や歌姫エスマの曲と……。
 その後の上映終了は11時過ぎてかなり遅くなりましたが、皆様満足されて帰られたご様子でした。やはり生演奏は素敵です。 <<作品紹介はこちら>>

▲トップにもどる▲

2008.2.25
『ハダカの城〜西宮冷蔵・水谷洋一』舞台挨拶
柴田誠監督と水谷
洋一さんと甲太郎さん親子
 

 ナナゲイが皆様に贈る「食を考える」シリーズの第4弾(第3弾の『ファーストフード・ネイション』の上映も始まってます)『ハダカの城〜西宮冷蔵・水谷洋一』というドキュメンタリー映画が2月23日より上映が始まりました。
 初日、2日目連日、柴田誠監督と水谷洋一さんと甲太郎さん親子にもご多忙の中、舞台挨拶にお越しいただきました。両日共に70人近い方にお越しいただき関係者一同感謝しております。

 上映後の舞台挨拶は水谷甲太郎さんが映画にも登場する「まけへんで!!西宮冷蔵」の旗を持って現在の西宮冷蔵の窮状を訴えておられました。
 食に関する偽造問題が多発する中でとても勇気のいる内部告発をした西宮冷蔵は目の上のたんこぶ的存在です。目に見えぬ魔手が西宮冷蔵に忍び寄ってます。
 西宮冷蔵を応援することが私たちの食を守ることに繋がります。是非とも1人でも多くの方がこの映画にお越しいただけることが応援することになるのです。無関心こそ最大の敵ですよ!(支配人 松村)

▲トップにもどる▲

2008.2.18
『シアトリカル 唐十郎と劇団唐組の記録』
大島新監督舞台挨拶!!
 
 2月16日(土)初日、大島新監督に舞台挨拶にお越しいただきました。当日の昼間は同じく初日を迎える名古屋シネマテークでの舞台挨拶を行われてからの大阪入りです(翌日は広島の横川シネマでの舞台挨拶です)。
 映画の上映前に軽くこの映画の元になった毎日放送の『情熱大陸』から映面が生まれるまでの経緯をお話していただきました。私も見た『情熱大陸』とは全く違う作品と考えてもらっても構わないというお話でしたが、私もそう思います。
 映画の上映後には映画を見終わった観客との質疑応答ですがやはり映画の内容的に虚構と真実の部分はどこですかという質問が出ましたね。ハプニングで映画にも出演されている唐組の劇団貝のお母さんが監督に呼ばれてご挨拶という微笑ましい光景もありました。
▲トップにもどる▲

2008.2.12
『風を聴く〜台湾・九分物語』林雅行監督舞台挨拶!!
 
 2月9日(土)、10日(日)の連日、林雅行監督に舞台挨拶に来ていただきました。
 初日は大雪の中、60人もの方にお越しいただき、感謝しております。ロビーでは、台湾語が飛び交う感じでした。
 2日目も、50人もの方にお越しいただきました。台湾の旧正月の日に当たります。
 両日とも、監督は九分の街のお話を熱心にされておりました。現在も九分の街を撮り続けているそうです。
▲トップにもどる▲

2008.1.15
『眠り姫』初日、七里圭監督舞台挨拶!!
 
 1月12日(土)。インディーズ映画の新しい才能の2人の作品の上映が始まりました。七里圭監督の『眠り姫』と冨永敬監督の『コンナオトナノオンナノコ』。
 『眠り姫』の上映前には、七里圭監督が名古屋の舞台挨拶を終えたその足で舞台挨拶に駆けつけてくれました。
 客の入りは50人前後。まずまずのスタートです。
(同じく横浜聡子監督とひさうちみちおさんの舞台挨拶のあった梅田ガーデンシネマの『ジャーマン+雨』も100人の大入りと聞きました。良かったです)
 映画の上映前ですから、簡単に映画が出来た経緯のお話でしたが、興味深いお話もされておりました。
過去のイベント
7gei-spirito
Sorry Japanese Only. Copyright (C) 2002 - 2017 The Seventh Art Theater. All right reserved.
第七藝術劇場Webサイトの画像、文章の転載は禁止しております。