あやつり糸の世界
Welt Am Draht | World On A Wire
嘘だ、と言ってくれ。
1973年/西ドイツ/第1部:105分、第2部:107分(第1部、第2部 入替制)
アイ・ヴィー・シー 配給

(c)1973 WDR/(c) 2010 Rainer Werner Fassbinder Foundation der restaurierten Fassung
ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー
クラウス・レーヴィチュ、マーシャ・ラベン、アドリアン・ホーフェン ほか
<< クリック
私は、存在しない、この世界。
スタンリー・キューブリック『2001年 宇宙の旅』(1968)、アンドレイ・タルコフスキー『惑星ソラリス』(1972)、リドリー・スコット『ブレードランナー』(1982)など映画史に輝くSF映画の傑作。その歴史に連なる先鋭的なSF作品が70年代初めに西ドイツで作られていた。そこに描かれたヴァーチャルリアリティーによる多層世界は、『マトリックス』『インセプション』に先駆ける。監督はニュー・ジャーマン・シネマの鬼才ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー。鏡を多用した画面設計、溢れる電子音、そして愛と孤独のドラマ…。鋭敏な時代感覚と普遍的な主題で社会を挑発し続けたファスビンダーが、「模造の世界」を鮮烈に解き放つ。

【STORY】
未来研究所では、仮想世界を作り出し未来社会を厳密に予測できる「シミュラクロン」の開発が進められていた。ある日、研究主任のフォルマー教授が謎の死を遂げ、シュティラー博士が後任に就く。するとシュティラーも奇妙な事態に遭遇する。保安課長ラウゼが忽然と姿を消し、エーデルケルンという別の人物が以前から保安課長だったとされているのだ。やがてシュティラーは自らシミュラクロンによって仮想世界に入り込む実験を行う。現実そっくりなコンピューターによる虚構の空間。そこでシュティラーは消えたラウゼの姿を見かける…。

4月8日 トークショーレポート UP!→こちら

Sorry Japanese Only. Copyright (C) 2002-2016 The Seventh Art Theater. All rights reserved.
第七藝術劇場Webサイトの画像、文章の転載は禁止しております。