ダンスの時間
しゃべるのはことばだけ?
こころとからだが(えーと、あのね)といってるよ。
2015年/日本/88分/野中真理子事務所 配給
(c)2015 Nonaka Mariko Office

野中真理子
大友良英、江藤直子
松本来夢
村田香織、村田仙、夏海光造 ほか
<< クリック
ダンサーの香織さんは、ひっぱりだこ。新江ノ島水族館のイルカショーの振付からはじまって、スカイツリーのすみだ水族館のスタッフにも、ちょっと不思議なダンスを用意。お客さまとのコミュニケーションを円滑にしよう、というレッスンをしています。からだを動かすと、こころはどう動く?気持ちをあらわすにはどう動けばいい?動物好きでナイーブなスタッフがだんだん笑顔になってゆく時間。香織さんは週に一日、老いた母の介護にも通います。日がな一日ベッドですごす母の、「できません」「だめです」の言葉をどう受けとめればいい?母と話し、母に触れる。どうしたいのかを感じる。これだって、母と娘のデュエットダンス。ダンスとは感じること。どんなに大変でも、生きることを肯定すること。香織さんの一日は、いつでもどこでも、ダンスの時間。
11月19日 舞台挨拶 レポート UP!→こちら

Sorry Japanese Only. Copyright (C) 2002-2016 The Seventh Art Theater. All rights reserved.
第七藝術劇場Webサイトの画像、文章の転載は禁止しております。