2045 Carnival Folklore
すべてをフィードバックさせろ!
2012〜2015/日本/93分/PLATAUX 配給

加藤直輝
増田圭祐
加藤直輝、増田圭祐
Sierror!*(*は庵点)、長嶌寛幸
石井順也、岡美咲、奥瀬繁、林亮佑、岡本英之、Ryo Hamamoto、T.MIKAWA ほか
1,500円 【公開初日前日まで販売】※準備中
一般 1,800円/専門・大学生 1,500円
シニア 1,100円/中学・高校生 1,000円
<< クリック
★2015年 シアトル国際映画祭招待作品
★2016年 バグダード国際映画祭正式出品作品
正体を暴け われわれを欺き われわれの魂を操る
黒幕の名前を思い出せ もしおまえがそいつを滅ぼそうと
願うなら そいつの言葉を 人間の心に葬ってやれ
『アブラクサスの祭』等の加藤直輝監督による三作目の長編作品。原爆投下100年後、自然災害によって全ての原子力発電所がメルトダウンした日本を舞台に設定したモノクロ映像とノイズ・ミュージックが独特の世界観を生み出すSci-Fiノイズムービー。これまで映画の出演者たちが爆音で即興演奏を行う「ライブ上映」というイベントを世界各地で実施。2016年にはヨーロッパ4カ国ツアーをおこなった。

【STORY】
2045年のファーイースト。かつて日本と呼ばれた国は天災によってすべての原発がメルトダウンし、崩壊した。数年後、とあるシティが奇跡的な復興を遂げる。かつて「ヨコハマ」と呼ばれた都市「YKHM City」は、「ANIKI」と呼ばれる党が独裁統治され、絶望した人々の集合的無意識が実現した理想郷だった。完全に調和された社会。ニュークリア・コンタミネーションによる世界的飢饉の中、市民に配給される「ソイレント食品」とは?党の首魁であるDr.Acidとは何者なのか?密命を帯びたエージェント、アーサーは単身YKHM Cityに潜入する……この映画は彼が提出した報告書である。リストには人工麻薬、ミュータント、スカムパンクス、ノイズアミニズム、ソイレントフード、そしてマンドラゴラなどの項目がある。


Sorry Japanese Only. Copyright (C) 2002-2017 The Seventh Art Theater. All rights reserved.
第七藝術劇場Webサイトの画像、文章の転載は禁止しております。