さよならも出来ない
わたしたちをつなぐのは、二人を別つ境界線
★第17回 TAMA NEW WAVE コンペティション グランプリ&ベスト女優賞

2016年/日本/76分/シマフィルム 配給

松野泉
野里佳忍、土手理恵子、上野伸弥 ほか
1,200円 【公開初日前日まで販売】
一般 1,500円/専門・大学生 1,500円/シニア 1,100円
<< クリック
京都から新たな映画を発信するスクール「シネマカレッジ京都」の俳優ワークショップに集った参加者が中心キャストとなり、講師の松野泉がオリジナル企画で臨み、本作を制作。「二人の男女が恋人としては別れても同居を続けている」という状況と、その周囲の人々のざわめきを、キャストの存在をじっと見つめる視線で描いた作品です。人が人と関係し続けることの困難さ。境界線は、人を分かつだけでなく、人をつなぐラインでもあること。目の前の手の届く世界のなかで、ささやかな希望を見出す意欲作です。

【STORY】
香里と環は別れてから3年も同棲生活を続けている。友人や周りの人間からは関係をはっきりさせた方が良いと言われるが、家の中に境界線を引き、ルールを設け、恋人、友人でもない生活は続いている。そんなある日、環は会社の同僚の浩に食事に誘われ、香里も同僚の紀美から思わせぶりな態度を示される。さらに環の叔母夫婦が二人の状況を探りに来る。二人はなぜ離れられないのか、別れるとはどういう事なのか。決断の時が訪れた。


Sorry Japanese Only. Copyright (C) 2002-2017 The Seventh Art Theater. All rights reserved.
第七藝術劇場Webサイトの画像、文章の転載は禁止しております。