ふたりの旅路
Magic Kimino
KIMONOが、あの人を連れてきてくれた。

2017年/ラトビア=日本/99分/エレファントハウス 配給
(c) Krukfilms/Loaded Films

マーリス・マルティンソーンス
桃井かおり、イッセー尾形 ほか
<< クリック
ひとり噛みしめ食べたおにぎりから、導かれるようにあの人と、
美食の国・北欧のラトビアへ。

LAを拠点に国内外に活躍する唯一無二の俳優・桃井かおり(『SAYURI』(05)『ゴースト・イン・ザ・シェル』(17) )と、世界の巨匠から熱いラブコールを受ける個性派俳優・イッセー尾形(『沈黙ーサイレンスー』(17))の、『太陽』(06) 以来2度目となる豪華共演が実現した。

あることをきっかけに自分の殻に閉じこもってしまったケイコ(桃井かおり)。着物ショーに参加するために神戸を発ち、導かれるように北欧の地、ラトビアの首都・リガを訪れた。そこで、過去の震災で行方不明になっていた夫(イッセー尾形)と不思議な再会をする。様々な場面で出没する夫、そして言葉も通じない異国の地での出来事に翻弄されるケイコ。愛する人を失くした男女が、すれ違いながらもめぐりあう、おとぎ話。

初の長編監督作『Loss』が2008年上海国際映画祭で最優秀監督賞を受賞した、ラトビア出身マーリス・マルティンソーンス監督の新作。桃井かおりとは3度目のタッグとなる。“新しい北欧”として注目を集めるラトビアと日本の初の合作となる本作品は、“バルト海の真珠”と讃えられ世界遺産に登録された首都・リガと、その姉妹都市にあたる兵庫県神戸市で撮影された。孤独を噛みしめながらケイコが食べた“おにぎり”と、美食の国として知られるラトビアの独創的な料理の数々がコントラストに登場する、まさに映画で旅する気分を味わえる。

【STORY】
不慮の事故により娘を亡くし、阪神・淡路大震災ですべてを失くしたケイコ(桃井かおり)は、自分の殻に閉じこもったまま一人淋しく神戸で暮らしていた。震災から20年の月日が流れ、そんなケイコに大きな転機が訪れる。ラトビアの首都リガで開催される着物ショーに参加することになったケイコは、亡き娘の結婚式用にあつらえた黒留袖を携えて神戸の地をあとにする。
そこで突如、震災で行方不明になっていた夫(イッセー尾形)が、彼女の前に突然現れたのだ。ラトビアで様々なサプライズが降り掛かるなか、彼との再会で彼女の止まっていた人生の時間が動き出すことになるのだった…。

7月15日 舞台挨拶レポートUP!→こちら

Sorry Japanese Only. Copyright (C) 2002-2017 The Seventh Art Theater. All rights reserved.
第七藝術劇場Webサイトの画像、文章の転載は禁止しております。