私は絶対許さない
私は絶対許さない
15歳の元日、私は死んだ
★2018年 ノイダ国際映画祭 審査員特別賞受賞
2018年/日本/119分/緑鐵 配給
©「私は絶対許さない」製作委員会
監督 和田秀樹
出演 平塚千瑛、西川可奈子、美保 純、友川カズキ、白川和子、吉澤 健、三上 寛、原 奈津子、立山咲里、奥野瑛太、川瀬陽太、南美希子、児島美ゆき、東 てる美、隆 大介、佐野史郎
前売券 1,300円 【公開初日前日まで販売】
料金
(当日)
未定
公式サイト http://watashihazettaiyurusanai.com/
不可解なトラウマ心理を精神科医監督が完全映像化!!
全女性のために性暴力の心理的後遺症の怖さを告発!!
女性に対するレイプ被害は後を絶たない。女性の 3 割もが性的暴力にあっているという調査さえあるが、しかし強姦は被害者による告訴が必要な親告罪のため、多くの女性が泣き寝入りしていると見られ正確な実態は薮の中だ。そんななか、あるレイプ被害者の女性の手記が波紋を呼んでいる。それが『私は絶対許さない』だ。
今作は 15 歳でレイプをされ、家庭にも見放された波乱万丈人生を歩む葉子の生き様を完全映画化。監督は精神科医で心理描写のスペシャリストで「受験のシンデレラ」「わたしの人生〜我が命のタンゴ」の和田秀樹。脚本には「キャタピラー」の黒沢久子が挑む。
また本作では葉子の目線(主観)で撮影していくドキュメンタリータッチの新しい切り口での撮影をする。
主演にはグラビアで注目されている平塚千瑛と、NHK大河ドラマ「西郷どん」などに出演する西川可奈子が体当たりで挑む!!
<あらすじ>
東北地方の田舎で育った中学3年生の葉子(西川可奈子)は、メガネに化粧っ気のない素朴な女の子。 厳格な父(友川カズキ)と、女々しく意地悪な母(美保純)と、優しいがどこか他人事の様に接する祖母(白川和子)と、小さな弟と妹に囲まれて平凡に暮らしていた。
あの日までは……。
年末、若い男達に無理やり輪姦されたのだった。
元旦に全身傷だらけで帰宅した葉子を待ち受けていたものは、冷たく突き放す家族と親戚だけだった。
体のみならず、心もズタズタにされ、天涯孤独の様な気持ちだった。
ひょんなことからレイプ犯の一人である若者の養父・早田(隆大介)と出会い、援助交際という名の契約を交わす。どうせ私は傷物なんだから……。
冬休み明けの学校でも、瞬く間に輪姦された噂は広まり、イジメが始まった。
その間も援助交際でコツコツと大金を稼ぐ葉子。一刻も早くこの地獄から自力で抜け出すために。そしていつか、あの男達に復讐するために……。
高校卒業後、大都会東京へ。
すぐさま全身整形し、昼間は真面目な学生、夜は学費や生活費を稼ぐべく風俗で働いていた。
そんな中、葉子(平塚千瑛)は客としてきた雪村(佐野史郎)に出会う。彼は将来の夫になる人だった……。
しかし、ある日、彼の真実を知ってしまう……。
そんな体験を実際に持つ雪村葉子さんが35歳になって執筆した手記を元に、その半生をたどる衝撃のストーリー。
彼女は日々何を見て、何を感じ、何に対して復讐しているのか。あの男達への思いは……。
舞台挨拶
■4/28(土) 16:40の回 上映前 舞台挨拶予定
 和田秀樹監督、平塚千瑛さん、西川可奈子さん
※当日 本作をご鑑賞の方のみ対象です