ラッカは静かに虐殺されている ラッカは静かに虐殺されている
ラッカは静かに虐殺されている
CITY OF GHOSTS
ラジオ・コバニ
Radio Kobanî
・第七藝術劇場(6階)
・シアターセブン(5階)
 両館で上映いたします。
 上映スケジュールは→こちら
ラッカは静かに虐殺されている ラッカは静かに虐殺されている
CITY OF GHOSTS
(2017年/アメリカ/92分/アップリンク 配給)
監督・製作・撮影・編集:マシュー・ハイネマン
 (『カルテル・ランド』)
製作総指揮:アレックス・ギブニー
 (アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞『闇へ』監督)
公式サイト:http://www.uplink.co.jp/raqqa/
次々と殺されていく仲間や家族。そして自らにも忍び寄る暗殺の魔の手―。
ドキュメンタリー史上、最も緊迫した90分
戦後史上最悪の人道危機と言われるシリア内戦。2014年、その内戦において過激思想と武力で勢力を拡大する「イスラム国(IS)」が制圧したシリア北部の街ラッカ。かつて「天国」と呼ばれ、穏やかだった街はISの首都とされ一変する。爆撃で廃墟と化した街では残忍な公開処刑が繰り返され、市民は常に死の恐怖と隣り合わせの生活を強いられていた。海外メディアも報じることができない惨状を国際社会に伝えるため、匿名の市民ジャーナリスト集団“RBSS”( Raqqa is Being Slaughtered Silently/ラッカは静かに虐殺されている)は結成された。彼らはスマホを武器に「街の真実」を次々とSNSに投稿、そのショッキングな映像に世界が騒然となるも、RBSSの発信力に脅威を感じたISは直ぐにメンバーの暗殺計画に乗り出す――。

*本作は損傷の激しい遺体、残虐な処刑のシーンがありますので、あらかじめ了承の上ご覧ください。また、16歳未満の年少者は保護者指導の元による鑑賞をお願いします。
©2017 A&E TELEVISION NETWORKS, LLC AND SUNSET PRODUCTIONS LLC
予告編
ラジオ・コバニ ラジオ・コバニ
Radio Kobanî
(2016年/オランダ/69分/アップリンク 配給)
監督・脚本:ラベー・ドスキー
出演:ディロバン・キコ
公式サイト:http://www.uplink.co.jp/kobani/
ISとの戦闘で瓦礫と化したシリア北部の街・コバニで手作りのラジオ局をはじめる大学生のディロバン。
ラジオから聞こえる彼女の「おはよう」が、今日も街に復興の息吹を届ける――。
トルコとの国境に近いシリア北部のクルド人街コバニは、2014年9月から過激派組織「イスラム国」(IS)の占領下となるも、クルド人民防衛隊(YPG)による激しい迎撃と連合軍の空爆支援により、2015年1月に解放された。人々はコバニに戻って来たが、数カ月にわたる戦闘で街の大半が瓦礫と化してしまった。 そんな中、20歳の大学生ディロバンは、友人とラジオ局を立ち上げ、ラジオ番組「おはよう コバニ」の放送をはじめる。生き残った人々や、戦士、詩人などの声を届ける彼女の番組は、街を再建して未来を築こうとする人々に希望と連帯感をもたらす。

監督は、自身もクルド人のラベー・ドスキー。地雷や戦車を越えコバニに赴き戦地での撮影を敢行、クルド人兵士によるIS兵士の尋問にも立ち会った。本作を、戦死したクルド人兵士の姉に捧げている。

*本作は損傷の激しい遺体、残虐な処刑のシーンがありますので、あらかじめ了承の上ご覧ください。また、16歳未満の年少者は保護者指導の元による鑑賞をお願いします。
予告編
【料金】(1作品ごとに料金が必要です)
一般 1,800円
専門・大学生 1,500円
シニア 1,100円
中学・高校生 1,000円
会員料金 1,000円
※ナナゲイ、シアターセブン どちらの会員様でも両劇場で割引となりますが、
 スタンプカードの捺印は、それぞれの劇場のみの対応となります。
シリア映画割引
カーキ色の記憶
『カーキ色の記憶』
『ラッカは静かに虐殺されている』または『ラジオ・コバニ』
の入場整理券をご提示で
『カーキ色の記憶』【シアターセブンにて6/3(日)〜6/15(金)上映】
の料金を900円に割引いたします。

※シアターセブン、第七藝術劇場の整理券に限ります

■『カーキ色の記憶』の上映情報はこちらから
http://www.theater-seven.com/2018/mv_khaki.html

【上映スケジュール】
5/19(土)〜25(金) 10:00〜 ラッカは静かに虐殺されている第七藝術劇場(6階)
12:00〜 ラジオ・コバニ 第七藝術劇場(6階)
13:40〜 ラッカは静かに虐殺されている シアターセブン(5階)
15:40〜 ラジオ・コバニシアターセブン(5階)
5/26(土)・27(日) 10:30〜 ラッカは静かに虐殺されている シアターセブン(5階)
14:35〜 ラジオ・コバニ シアターセブン(5階)
16:05〜 ラッカは静かに虐殺されている 第七藝術劇場(6階)
5/28(月)〜6/1(金) 12:40〜 ラッカは静かに虐殺されている シアターセブン(5階)
14:35〜 ラジオ・コバニ シアターセブン(5階)
16:05〜 ラッカは静かに虐殺されている 第七藝術劇場(6階)
6/2(土)〜8(金) 16:30〜 ラジオ・コバニ シアターセブン(5階)
18:25〜 ラッカは静かに虐殺されている 第七藝術劇場(6階)
6/9(土)〜15(金) 15:05〜 ラッカは静かに虐殺されている 第七藝術劇場(6階)
16:55〜 ラジオ・コバニ 第七藝術劇場(6階)
トークイベント
■5/26(土)16:05の回『ラッカは静かに虐殺されている』
 上映後トークイベント開催予定
 玉本英子さん(ジャーナリスト)
 
【プロフィール】
玉本英子(たまもと えいこ)
アジアプレス記者。トルコ、イラク、シリア、アフガニスタンなどを20年以上取材。
2013年から過激派組織「イスラム国」支配地域周辺などに通う。
2015年2月、日本人ジャーナリスト後藤健二さん、湯川遥菜さんが「イスラム国」に拘束、殺害された。当時、イラクにいた玉本は、シリアのラッカで活動を続けていた「ラッカは静かに虐殺される」のメンバー・イブラヒム・アル・ラカウィ氏と直接ネット電話インタビューし、情報を得た。
※当日 本作をご鑑賞の方のみ対象です