シネマージナル vol.2
大阪アジアン映画祭入選 女性監督特集
【大阪アジアン映画祭フリンジ企画】
アジアへ、世界へ! 映画祭に選ばれた3人の女性監督が描く日本の現在と未来!
なんと13年目を迎えた大阪アジアン映画祭。その短くない歴史の中で数多くのインディペンデント映画作家を支援してきました。同じくインディーズ監督を応援するナナゲイ&シアターセブンでも映画祭フリンジ企画を始動。
今回は歴代入選監督の中から「国内だけに目を向けていない」、草野なつか、長谷川億名、安川有果の3人の女性監督を特集します!
■第13回大阪アジアン映画祭HP
http://www.oaff.jp/2018/ja/
A 草野なつか 監督 『螺旋銀河』(73分)
B 長谷川億名 監督 『DUAL CITY / デュアル・シティ』(100分)
C安川有果 監督
@
『Dressing Up』(68分)
+短編『永遠の少女』(23分)
D 安川有果 監督
A
『激写!カジレナ熱愛中!』(72分)
+短編『pray』(10分)
【上映スケジュール】
3/24(土)3/25(日)3/26(月)3/27(火)3/28(水)3/29(木)3/30(金)
@ 18:15〜
5F シアターセブン
ADBAB休映D
A 20:20〜
6F 第七藝術劇場
CBADCAC
【料金】
一般:1,800円
シニア:1,100円
学生:1,000円
ナナゲイ会員・シアターセブン会員:1,000円
★2作目以降、一般料金より300円引き(1,500円)
アジアン映画祭関連イベント連日開催!
■3/28(水)特別イベント
「Dual City/デュアルシティ」特別イベント
『イリュミナシオン』上映+トーク「ニッポンのSF!!」
SF映画監督 長谷川億名 × SF作家 北野勇作

ゲスト:北野勇作(小説家) 長谷川億名
20:00開場 / 20:10開演
会場:シアターセブン
■3/29(木)トーク
「3人の女監督」
ゲスト:草野なつか、長谷川億名、安川有果
『螺旋銀河』上映後
■3/30(金)舞台挨拶
ゲスト:安川有果
『激写!カジレナ熱愛中』『Dressing Up』各上映後
■3/31(土)ワークショップ
七ノ學校 -The seventh school- Vol.4
安川有果監督
演技ワークショップ

11:00開催
会場:シアターセブン
A 草野なつか監督
 『螺旋銀河』(73分)
螺旋銀河 美人だが自分本位な性格で友だちのいない綾(石坂友里)は、OL勤めの傍らでシナリオ学校に通っている。ある日、綾の原稿が学校課題のラジオドラマに選ばれるが、今のシナリオでは不十分で共同執筆者を立てることが放送の条件だと講師に言われてしまう。負けず嫌いな綾は、会社で偶然言葉を交わした同僚・幸子(澁谷麻美)の地味でおとなしい性格に目をつけ、共同執筆者に仕立て上げようとする。華やかな綾に憧れ過剰に接近して行く幸子は、綾と同じような服装をして行きつけのカフェに突然現れ、さらにはラジオドラマのシナリオにも「役に立てれば…」と口を出すようになる。そんな幸子を鬱陶しく思う綾。そして二人のことを知る寛人(中村邦晃)の出現により困惑を深める綾と幸子の関係性は、シナリオ朗読によるラジオドラマの収録を通して、思いもよらぬクライマックスへとひた走る―。
草野なつか
1985年生まれ。神奈川県大和市出身。東海大学文学部文芸創作学科卒業後、映画美学校12期フィクションコースに入学。2014年CO2助成作品『螺旋銀河』で長編映画監督デビュー。第11回SKIPシティ国際Dシネマ映画祭にてSKIPシティ・アワードと監督賞を受賞。2015年9月から劇場公開される。現在、長編2作目である『王国(あるいはその家について)』が待機中。
草野なつか
B 長谷川億名監督
DUAL CITY / デュアル・シティ  (100分)
デュアル・シティ 2034 年。南北に分断された近未来日本。内戦の続く北部で野戦病院の看護師として働く依子は、数年前に亡くなった娘の生前情報を再生し、安らぎを得ていた。
ある夜、依子はゲリラ兵士から、 巨大都市として発展し、北部からの行き来が制限された南部で、娘がまだ<情報生命>として生きている可能性を知る。
娘と再び会うことと引き換えに、依子はゲリラ兵士の仲間の元へと謎めいた少女の遺体を届けることを決意し、生まれて初めて南部に向かう。
長谷川億名
2006年頃から、Yokna Patofa名義でインターネット上にビデオエッセイ、非公式も含むミュージックビデオを発表。写真家として、2013年度キヤノン写真新世紀で佳作受賞。2017年、第9回恵比寿映像祭において、特集上映が行われる。写真集に、『67 eyes』(Space Cadet)。現在は写真家、横田大輔、宇田川直宏、北川浩司のユニットSpewのドキュメンタリーを撮影中の他、サラ・ケインの『Cleansed』を元にした新作を企画中。スタッフ、キャスト募集中。
video:https://www.youtube.com/user/yoknapatofa
official:http://ek-stase.under.jp
長谷川億名
C 安川有果監督 @
Dressing Up  (2012年/68分)
Dressing  Up 桜井育美は父親と二人暮らしの中学一年生。授業で「将来の夢」について考えるという課題が出るが、自分の未来を想像することが出来ない。「母親のような立派な人になりたい」というクラスメイトの発言を聞いた育美は、死んだ母親がどういう人だったのか興味を持ち始めるが、ある日、隠されていた母親の過去を知ってしまう。
出演:祷キララ、鈴木卓爾、佐藤歌恋、平原夕馨
永遠の少女  (2017年/23分)
永遠の少女 大学生の隼人はふらふら歩く病衣姿の少女に道端で偶然出会う。15、6歳に見える少女は、見た目が歳を取らない病気で、実験の為に近くの病院に閉じ込められていたのだ、と隼人に告げる。
出演:蒼波 純、萩原利久、澁谷麻美
D 安川有果監督 A
激写!カジレナ熱愛中!  (2013年/72分)
激写!カジレナ熱愛中! 29歳の梶並玲奈(中村愛美)は90年代には連ドラのヒロインを務めるなど人気の女優だったが、今ではセリフのない死体役のオファーばかり。そんな落ち目の女優・玲奈と不倫関係にあった社会派映画監督・三条清彦が、玲奈とのホテル密会の後、心臓発作で死んでしまう。デート現場を目撃していたフリールポライター照和仁は、“さげまん女・梶並玲奈の呪い?”とおもしろおかしく書き立てる。玲奈は三条の死と、その原因が自分にあると書かれた記事にショックを受ける。動揺を隠せないまま記者会見に臨み、過去に関係を持った男がみんな不幸な運命をたどっていると告白する玲奈。この会見が若者たちの間でたちまち話題となり、さげまん女優として注目された玲奈は、"カジレナ"のあだ名でブレイクする。やがて玲奈は、強運の持ち主で若手人気俳優の守屋誠二と恋に落ちる。玲奈のさげまん伝説の行方は……。
出演:中村愛美、新井秀幸、木口健太、本山由乃、内木英ニ、館智子、前野朋哉、後藤ユウミ、沖島勲
pray  (2014年/10分)
pray コンクール直前のある日、突然フルートが上手く吹けなくなってしまったはなは、朝の練習をサボってそのまま学校とは反対方向の電車へと乗り込む。
出演:祷キララ、佐々木詩音、辻凪子
安川有果
2012年、大阪映像文化振興事業「CO2」に応募した企画が、黒沢清監督、山下敦弘監督らの選出を受け、初長編『Dressing Up』を監督。TAMA NEW WAVEグランプリなどを経て、2015年に全国で劇場公開。第25回日本映画プロフェッショナル大賞新人監督賞を受賞。新作は、蒼波純主演の短編『永遠の少女』。
安川有果
■3/31(土) 開催(同ビル5階シアターセブンにて)
七ノ學校 -The seventh school- Vol.4
『安川有果監督
演技ワークショップ』

予約受付中
詳細は→こちら
『CINEmarginal シネマージナル』とは
境界線上(マージナル)の様々な映画や映像を上映する、ジャンル横断型上映イベント。
vol.1 平野勝之ナイト『白 THE WHITE』
 3/11(日) シアターセブンにて開催
 詳細は→こちら