クジラの島の忘れもの
クジラの島の忘れもの
もしも願いが一つだけ叶うなら
君とずっと一緒にいたい
2018年/日本/98分/エムエフピクチャーズ 配給
©クジラの島の忘れもの製作委員会
監督 牧野裕二
出演 大野いと、森崎ウィン、幸地尚子、嘉手納良智、神田青
宮島真一、黒田よし子、はるか、グエンニュークイン、北川彩子
料金
(当日)
一般 1,800円/専門・大学生 1,500円
シニア 1,100円/中学・高校生 1,000円
会員料金1,000円 ★ナナゲイ会員新規ご入会随時受付
公式サイト http://www.kujiranoshima.com/
この恋の先に、踏み出す勇気をみつけた―
2007年・秋。東京を離れ、沖縄で暮らす病気の叔母のもとへ住まいを移した愛美。ベトナム人の青年・コアは展望デッキで見知らぬ家族を見つめる彼女を見つけ、ふと足を止める。

就職した旅行代理店での仕事が始まり、愛美は先輩の恵子と共にIT企業グランネクストに向かう。そこには 社長の平良、研修生で台湾人のヤン、そしてコアが居た。恵子の誘いで愛美はグランネクストの3人と居酒屋で再会する。「ベトナムの町や人をもっと豊かにしたい」と語るコアに夢を聞かれた愛美は「子供の頃の思い出のクジラのブリーチをもう一度見たい」と話す。帰りにコアたちに送ってもらった愛美は、コアから「ベトナムの誕生日は、自分が生まれたことを自分が一番感謝し、その感謝を大切な人に伝える儀式」と聞く。顔が曇る愛美。実は愛美の誕生日は、母を失った阪神淡路大震災の日なのだ。

後日、「グランネクスト」から旅行ツアーを申し込まれる。行き先は愛美の話を聞いてコアが希望した座間味島のホエールウォッチングに決まる。宿泊先は愛美が12年前母と泊まった民宿だった。
母と行った思い出の海へコアと一緒に向かった愛美は「素敵な未来が待ってるよ」という母の言葉を思い出す。コアは「過去は変えられないけど、未来は自分の手で変える事ができる」と話す。その夜2人で星空を見ながら、愛美の母のこと、震災で思い出の品も全て失ってしまったことを知る。
次第に愛美は純朴でストレートなコアの優しさに惹かれて行く。

翌年、ベトナムに最終面接で一時帰国するコアに「僕のふるさとを見て欲しい」誘われる愛美。迷った末、一緒にベトナムへ行く事を決意し、反対する叔母に「自分を変えたい」と告げる。
ベトナムでコアに案内され、ダナン、ホイアンを訪れる愛美。そして彼の友人たちに誕生日パーティーを開かれた愛美は、少しずつ人生の希望を見出していく。

しかし沖縄に戻ってすぐ、コアは、通りがかった女性を追いかけ走り去り、彼女を抱きしめる。
その姿を見てショックを受けた愛美は、再び母との思い出の座間味島へ向かうのだった…。