パンとバスと2度目のハツコイ
パンとバスと2度目のハツコイ
スキにならずに、スキでいる。
★第30回東京国際映画祭 特別招待作品
2017年/日本/111分
©2017映画「パンとバスと2度目のハツコイ」製作委員会
監督 今泉力哉
出演 深川麻衣、山下健二郎、伊藤沙莉、志田彩良、安倍萌生、勇翔、音月桂
料金
(当日)
一般 1,800円/専門・大学生 1,500円
シニア 1,100円/中学・高校生 1,000円
会員料金1,000円 ★ナナゲイ会員新規ご入会随時受付
公式サイト http://pan-bus.com/
■6/30(土) 今泉力哉監督 演技ワークショップ
 同ビル5階 シアターセブンにて開催
 詳細・参加予約は→こちら
突然目の前に現れた初恋相手が、相変わらず魅力的で、
でも馬鹿みたいに別れた奥さんを想い続けている、、
どうしたらいいんだぁぁ!!
「私をずっと好きでいてもらえる自信もないし、ずっと好きでいられる自信もない」と、独自の結婚観を持ち、パン屋で働く市井ふみ(深川麻衣)が、中学時代の“初恋”の相手・湯浅たもつ(山下健二郎)とある日偶然再会したところから物語は始まる。プロポーズされたものの、結婚に踏ん切りがつかず元彼とサヨナラしたふみと、別れた奥さんのことを今でも想い続けているたもつが織りなす、モヤモヤしながらキュンとする“モヤキュン”ラブストーリー。「初恋相手は、今でも相変わらず魅力的だぁぁぁぁあ!!」”恋愛こじらせ女子“の面倒な恋が動き出す!?「結婚」をテーマに、コミカルで人間交差点的な今泉力哉ワールド全開の恋愛群像劇が繰り広げられる。
主演・深川麻衣 × 山下健二郎 × 監督・今泉力哉が贈る
恋愛こじらせ女子の“モヤキュン”ラブストーリー
主演は、映画デビューにして初主演を務める深川麻衣。乃木坂46一期生としてメンバー入りし、センターを務めるなど人気を博すなか2016年6月に卒業。2017年は、舞台やドラマでの主演を果たすなど女優として着実な一歩を踏み出し、彼女の比類なき雰囲気や表現力に注目が集まるなか、本作が初となる映画出演であり、初主演となる。
そして共演は、三代目 J Soul Brothersのパフォーマーとして活動する他、舞台や映画へ俳優として出演、ラジオのパーソナリティーと、今の時代に合わせた変幻自在な表現を求め、幅広い活動を行っている山下健二郎。さらに、伊藤沙莉、志田彩良、安倍萌生、勇翔、音月桂らが個性的なキャラクター役で脇を固めている。
監督・脚本は、恋愛映画の旗手として注目を集める監督・今泉力哉。音楽ドキュメンタリー『たまの映画』(2010年)で商業監督デビューし、『こっぴどい猫』(2012年)が数々の海外映画祭で上映。山下敦弘監督と共同監督したドラマ「午前3時の無法地帯」や、乃木坂46の個人PVなど、映画以外にもその活動の場を広い。『サッドティー』(2014年)では男女の一筋縄ではいかない恋愛模様を描き注目された。長編映画作品には『知らない、ふたり』『退屈な日々にさようならを』などがある。さらに、 音楽では、『舟を編む』で日本アカデミー賞優秀音楽賞受賞の渡邊崇が音楽でタッグを組んでいる。
主題歌は、その歌声の温かさと力強さから「太陽の歌声」の異名を取るLeolaが担当。映画制作段階から監督とディスカッションを行い本人が書き下ろした楽曲「Puzzle」。本編のエンディングにそっと寄り添い優しくも深みのある余韻を与える。
トークショー
■6/30(土) 19:40の回 上映後トーク予定
 今泉力哉監督
※当日 本作をご鑑賞の方のみ対象です