高崎グラフィティ。
高崎グラフィティ。
私たちの日常を、
大人たちは青春と呼んだ。
★第1回 未完成映画予告編大賞MI-CAN」 グランプリ受賞
2018年/日本/107分/エレファントハウス 配給/PG12
©2018オフィスクレッシェンド
監督 川島直人
出演 佐藤 玲、萩原利久、岡野真也、中島広稀、三河悠冴、JOY、川瀬陽太、奥野瑛太、渋川清彦、佐藤優津季、冨手麻妙、狩野健斗、山元駿
料金
(当日)
一般 1,800円/専門・大学生 1,500円
シニア 1,100円/中学・高校生 1,000円
会員料金1,000円 ★ナナゲイ会員新規ご入会随時受付
公式サイト http://takasaki-graffiti.com/
東京から遠くもなく、近くもない。
群馬県高崎市。そこには、
高校の卒業式を終えた男女5人がいた。
高校の卒業式を迎えた、幼馴染の美紀・寛子・優斗・直樹・康太の5人。
それぞれが将来に不安を抱えていたまま、新生活を待っていた。
そんな中、美紀の父親が彼女の入学金をもったまま失踪する。美紀の父親を探す5人だが、同時に寛子は同棲を始める彼氏に浮気疑惑、優斗は先輩に保険金詐欺を強要される等、それぞれがトラブルに襲われ、皆地元の閉塞感が嫌になり始める。
道中の出会いや事件、そして父親の真意を前にして、5人は自分について初めて考える。
そうして、5人はそれぞれの道へ自ら歩き出す。
たった3分の予告編から生まれた映画「高崎グラフィティ」。
堤幸彦(映像監督・演出家)、大根仁(演出家)、平川雄一朗(演出家)、小原信治(作家)ら気鋭のクリエイターを擁し、次々と話題作を生み出して来た映像制作会社オフィスクレッシェンドが、次代を担うクリエイターの発掘と育成を目指して創設した「未完成映画予告編大賞 MI-CAN」。ある地域(任意)を舞台に3分以内で制作された予告編を審査し、グランプリ作品には長編映画を制作するチャンスを与えるかつてない試みのコンテストだ。
その初代グランプリに輝いたのが本作「高崎グラフィティ。」である。撮影地に高崎を選んだ理由を監督は「応募した予告編では全体のストーリーはぼんやりとしか見えていなかったんです。ただ、都会の周縁部にいる若者たちの鬱屈した気持ちや、将来の見えない感じを描く上で、高崎という土地は自分の想像を包み込んでくれると思った。」と語る。
◆未完成映画予告編大賞 MI-CAN
 公式サイトはこちら
舞台挨拶
■9/15(土) 15:10の回上映後
 佐藤 玲さん、山元 駿さん、川島直人監督 舞台挨拶予定
佐藤 玲
佐藤 玲(さとう りょう)
1992年7月10日生まれ、東京都出身。’12年に蜷川幸雄演出の舞台「日の浦姫物語」の娘役で女優デビューを果たす。’14年には映画デビュー作「おばけ」で初主演、MOOSICLAB2014/女優賞を受賞する。その後も「リュウグウノツカイ~17歳の妊娠サークル~」(14)、「イニシエーション・ラブ」(15)、などに出演するほか、「色あせてカラフル」(15)では主演を務めた。他の主な映画出演作に「少女」(16)、「沈黙-サイレンス-」(17)、「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」(石井裕也監督/17)などがある。テレビドラマの主な出演作は「表参道高校合唱部」(TBS/15)、「ON~異常犯罪捜査官・藤堂比奈子~」(CX/16)、「架空OL日記」(NTV/17)、「今からあなたを脅迫します」(NTV/17)など。待機作に「栞-Shiori-」(榊原有佑監督/本年、秋公開予定)、「それでも、僕は夢を見る」(山口健人監督/来年公開予定)」など。演じる役によってガラリと印象が変わり、多彩な表現力を持ち合わせる女優。本作では、未完成映画予告編大賞への応募から積極的に参加し、そのまま本作でも主演を演じる。
山元 駿
山元 駿(やまもと しゅん)
1993年1月22日生まれ、大阪府出身。’15年、映画美学校第2期アクターズ・コース初等科修了後に制作・出演した、山元の双子の兄・環監督作品「ゴロンバタンキュー」で、第27回東京学生映画祭最優秀役者賞を受賞。これを機に本格 的な俳優活動を開始。主な出演作には、〈映画〉「ゴロンバタンキュー」(15) 「植物図鑑」(15)「太陽を掴め」(15)「帝一の國」(17)「聖なるもの」(17) などの映画に止まらず、〈ドラマ〉「帝一の國~学生街の喫茶店~」(CX/17)「眩~北斎の娘~」(NHK/17)「宮本から君へ」(TX/18)
川島直人
川島直人(かわしま なおと)
1990年生まれ。千葉県九十九里出身。日本大学芸術学部映画学科映像コース出身。Guns Rock Inc.所属。
2016年、短編映画「始まりの鐘をならせ」で FOX短編映画祭にて最優秀賞を獲得。エンターテイメントに徹した演出と「人に寄り添う」映像で多岐にわたり演出をする
※当日 本作をご鑑賞の方のみ対象です