あいが、そいで、こい
あいが、そいで、こい
ゴメンのかわりに「泣いた」
サヨナラのかわりに「叫んだ」
2018年/日本/115分/ENBUゼミナール 配給
(c)2018 ENBUゼミナール
監督 柴田啓佑
出演 小川あん、高橋雄祐、長部努、古川ヒロシ、廣瀬祐樹
中垣内彩加、山田雅人
料金
(当日)
未定
公式サイト https://aiga-soide-koi-enbuseminar.jimdosite.com
21世紀になって初めての夏―
ノストラダムスの予言は外れ、世界は続き、テクロノジーは進化した。
でも、僕らはただの高校生だった。
2001年の夏、海辺の田舎町に住む高校生・萩尾亮は、同級生の学、小杉、堀田と共に高校最後の夏休みを過ごすことになった。ある日、イルカの調教師を夢見て台湾からやってきた留学生・王佳鈴(ワンジャーリン)と出逢う。イルカや海を嫌う亮はリンと対立するが、彼女の来日した本当の想いを知ったことをきっかけに心を通わせることとなる…。