ジョナス・メカス追悼上映 ロストロストロスト
ロスト ロスト ロスト
ジョナス・メカス追悼上映
Jonas Mekas: Lost Lost Lost
<日替わり上映・上映作品>
『ロスト ロスト ロスト』(1975年/アメリカ/180分)
『ウォールデン』(1969年/アメリカ/180分)
『リトアニアへの旅の追憶』(1972年/アメリカ/87分)
料金
(当日)
一般 1,500円/専門・大学生 1,200円
シニア 1,100円/中学・高校生 1,000円
会員料金1,000円 ★ナナゲイ会員新規ご入会随時受付
※特別興行につき、劇場招待券使用不可
アメリカ・インディペンデント界のゴッドファーザー、ジョナス・メカスの追悼上映。
初の日本語字幕付き上映となる「ロストロストロスト」ほか、「ウォールデン」「リトアニアへの旅の追憶」の3本を特集
2019年1月23日、映画作家・詩人、アメリカのカウンターカルチャーの英雄ジョナス・メカスが亡くなった。ソ連とナチスに故郷リトアニアを追われ、アメリカに亡命したメカスは、言葉の通じないその地で16ミリカメラを手に入れ、やがて“本物”の映画を撮るための練習として、日々の出来事のスケッチとしてそのカメラで少しずつ撮影を積み重ねていった・・・。絶望の中、新たな土地に必死に根を張り、改めて記憶を紡ぎなおそうとする難民、メカスの試み、そして育ちつつある50年代ニューヨークのカウンターカルチャーが描かれる。日記映画の金字塔『ロスト ロスト ロスト』、初の日本語字幕付きで上映。
ジョナス・メカス(1922-2019)
リトアニア生まれ。詩人。映像作家。1949 年に難民としてニューヨークに渡る。到着してすぐに16ミリのボレックス・カメラを手に入れ、日々の断片を撮影するようになる。リトアニアより一緒にやってきた弟アドルファスと共にやがてアメリカのアヴァンギャルド映画運動に深く関わって行く。兄弟で創刊した映画誌「フィルム・カルチュア」、ヴィレッジ・ヴォイス誌の映画コラムの執筆、自主配給団体フィルムメーカーズ・コーポラティブや、上映スペース/アーカイブであるアンソロジー・フィルム・アーカイブス設立などを通して、オルガナイザーとしてもアメリカのインディペンデント映画に大きな影響を与えた。2019 年1 月23 日ブルックリンの自宅で亡くなった。
【上映作品】
初の日本語字幕付き上映
ロスト ロスト ロスト
(1975年/アメリカ/180分/オリジナル16mm→デジタル上映)
監督:ジョナス・メカス
出演:ジョナス・メカス、アドルファス・メカス、ケン&フロ・ジェイコブス、P・アダムス・シトニー、グレゴリー・マルコプーロス、アレン・ギンズバーグ、フランク・オハラ、リロイ・ジョーンズ、ロバート・フランク、ジュリアン・ベック、ジュディス・マリーナ、サルヴァドール・ダリ、タイニー・ティム、エド・エムシュウィラー、ストーム・デ・ハーシュ、バーバラ・ルービン、ピーター・ボグダノビッチ、シャーリー・クラーク、テイラー・ミード他
ウォールデン
(1969年/アメリカ/180分/オリジナル16mm→デジタル上映)
リトアニアへの旅の追憶
(1972年/アメリカ/87分/オリジナル16mm→35o上映)
【上映スケジュール】
9/21(土)14:50〜リトアニアへの旅の追憶
9/22(日)14:50〜ロスト ロスト ロスト
★上映後トークショー
9/23(月祝)14:50〜ウォールデン
9/24(火)14:50〜リトアニアへの旅の追憶
9/25(水)14:50〜リトアニアへの旅の追憶
9/26(木)14:50〜ロスト ロスト ロスト
9/27(金)14:50〜ウォールデン
9/28(土)17:30〜ロスト ロスト ロスト
9/29(日)17:00〜ロスト ロスト ロスト
9/30(月)17:00〜リトアニアへの旅の追憶
10/1(火)17:00〜ロスト ロスト ロスト
10/2(水)17:00〜ウォールデン
10/3(木)17:00〜ロスト ロスト ロスト
10/4(金)17:00〜ロスト ロスト ロスト
トークショー
★9/22(日)『ロストロストロスト』14:50の回上映後トークショー開催予定
<登壇予定者>
北小路隆志さん(映画評論家、京都造形芸術大学映画学科教授)
倉田剛さん(映画研究者)
※当日 本作をご鑑賞の方のみ対象です