メランコリック
メランコリック
バイトを始めた銭湯は、深夜に風呂場で人を殺していた-----。
第31回 東京国際映画祭 日本映画スプラッシュ部門 監督賞
第21回 ウディネファーイースト映画祭 新人監督作品賞
第19回 ニッポン・コネクション ニッポンヴィジョンズ観客賞
2018年/日本/114分/アップリンク 配給
監督 田中征爾
出演 皆川暢二、磯崎義知、吉田芽吹、羽田真 、矢田政伸 、浜谷康幸、ステファニー・アリエン、大久保裕太、山下ケイジ、新海ひろ子、蒲池貴範 ほか
前売券 1,500円 【公開初日前日まで販売】
料金
(当日)
一般 1,800円/専門・大学生 1,500円
シニア 1,100円/中学・高校生 1,000円
会員料金1,000円
上映館…第七藝術劇場(6階)・シアターセブン(5階)
どちらの会員様も割引適用となります。
※スタンプは各館のみ押印
※劇場招待券も各館のみ使用可
公式サイト https://www.uplink.co.jp/melancholic/
【舞台挨拶】
★9/14(土) 12:10の回上映後(シアターセブン)
 →この回のみ、ご予約を受付いたします。
★9/14(土) 17:05の回上映後(第七藝術劇場)
登壇予定者:皆川暢二さん、吉田芽吹さん、浜谷康幸さん
<注意事項>
・ご予約は「9/14(土)12:10の回(会場:シアターセブン)」のみ受付いたします
・ご予約の受付は固定席36席のみとなります(補助席・お立見のご予約は不可)
・お支払いは当日、劇場窓口にてお願いいたします。劇場窓口にてお名前またはご予約番号をお伝え下さい
・必ず開場時間(上映開始の10分前)までに劇場窓口でのチケットのご購入を済ませ下さい
・開場時間を過ぎられますとご予約は無効となりますので、お気をつけ下さい
・ご予約はお1人様2枚までとさせていただきます
<予約方法>
★8/25(日)12:00より予約受付を開始いたします
電話予約:06-4862-7920 (シアターセブン)
メール予約:ticket@theater-seven.com
メールの場合 タイトルに「メランコリック舞台挨拶」とお書きの上、
@お名前(ふりがな)
A電話番号
Bメールアドレス
C人数
をお送りください。
予約受付が完了次第、返信いたします。
■ご予約受付完了メールは ticket@theater-seven.com のアドレスで送信しております。
迷惑メール設定などで受信拒否をされている方は、必ず @theater-seven.com ドメインが受信できますよう、設定の変更をお願いいたします。
お風呂屋さんの仕事も、結構あぶないんですね。
名門大学を卒業後、うだつの上がらぬ生活を送っていた主人公・和彦。ある夜たまたま訪れた銭湯で高校の同級生・百合と出会ったのをきっかけに、その銭湯で働くこととなる。そして和彦は、その銭湯が閉店後の深夜、風呂場を「人を殺す場所」として貸し出していることを知る。そして同僚の松本は殺し屋であることが明らかになり…。

ひょんなことから人生が大きく動き出してしまう登場人物たちの人間模様を、ドラマ、サスペンス、コメディ、ホラー、恋愛など様々なジャンルを盛り込みながら、一級の青春エンターテイメント作品に仕立て上げたその手腕が絶賛され、第31回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門では監督賞、ヨーロッパ最大のアジア映画祭・第21回ウディネファーイースト映画祭で新人監督作品賞が贈られた。受賞の話題と共に、映画の変幻自在なストーリー展開に心を揺さぶられた観客からは多くの反響が寄せられた。

本作は主人公・和彦を演じた俳優の皆川暢二の呼びかけにより、アメリカで映画制作を学んだあとIT業界でサラリーマンをしていた田中征爾と、俳優の傍らタクティカル・アーツ・ディレクターとしても活躍する磯崎義知という同い年3人で立ち上げた映画製作ユニットOne Goose( ワングース )による映画製作第一弾作品である。彗星のごとく現れた才能が日本映画界に新たな旋風を巻き起こす。
【『メランコリック』上映スケジュール】
■受付、チケット販売もそれぞれ上映館ごとに行います。
時間 上映館
9/14(土)・15(日)12:10シアターセブン(5階)
17:05第七藝術劇場(6階)
9/16(月祝)〜20(金)12:10シアターセブン(5階)
16:30第七藝術劇場(6階)
9/21(土)〜27(金)16:35シアターセブン(5階)
20:30第七藝術劇場(6階)
以降未定