石油戦争から水戦争の時代へ
ブルー・ゴールド 狙われた水の真実
海に囲まれ山林が多い日本に住んでいるとピンと来ないかもしれないが、今後の世界の人口増加を考慮すると水資源は足りなくなるのが現状だ。そのことからして、20世紀が“石油戦争”の時代だとしたら、21世紀は“水戦争”の時代になると言われている。

本作では、世界で起きている様々な“水戦争”の現状をドキュメントしている。水企業は、開発途上国に水道事業の民営化を迫り、ウォールストリートは、淡水化技術と水の輸出計画に投資の狙いをつけ、腐敗した政治家は、水の利権を自らの利潤や政治的利益のために利用し、人類の財産である水資源を独占しようとする企業は、ボトル・ウォーター・ビジネスで世界中から利益を上げる構造を作りあげる。そして、“石油戦争”から“水戦争”の時代となった現在、軍の管理による水資源の発掘は、世界規模の“水戦争”の舞台となろうとしている。

またこの映画では、人々が水に対する人権の戦いを、世界規模で追跡していく。市民が清涼飲料水メーカーを訴えたアメリカの裁判、国連に「水は人権であり公共信託材」である水憲章採択を迫る運動、水道が民営化されたボリビアでの抗議運動などを。『「水」戦争の世紀』著者モード・バーロウは言う、「これは私たちの革命、私たちの戦争などです」と。
(2008年/アメリカ/90分/DV/アップリンク)
 
サム・ボッゾ
1,500円【3/19(金)まで販売】
一般1,800円
専門・大学生1,500円
中・高・シニア1,000円
<< クリック

Sorry Japanese Only. Copyright (C) 2002-2010 The Seventh Art Theater. All rights reserved.
第七藝術劇場Webサイトの画像、文章の転載は禁止しております。