映画の國名作選 III
ロベール・ブレッソンの芸術(全2作品)
“ドストエフスキーがロシアの小説に、モーツァルトがドイツの音楽に対して占める位置を、ブレッソンはフランス映画に対して占めている”
─ジャン=リュック・ゴダール

映画について語る時、絶対に見ておかなければならない作品があります。ロベール・ブレッソンの映画はその最たるものでしょう。ジャン・コクトーらと共に「カイエ・デュ・シネマ」誌の母体ともいえるシネクラブ“オブジェクティフ49”を創設した彼は、生涯を通じてドラマティックな誇張を一切排した純粋な映画づくりを追及しました。簡潔さの極みを実現したブレッソンの作品は、劇場で上映されるというアリバイ証明だけで映画を名乗るまがいものが溢れるなか、本物の芸術が何かをいまも私たちに語りかけてきます。

2回券 2,400円【上映初日の前日まで販売】
一般1,500円
専門・大学生1,300円
シニア1,000円
<< クリック
(C)映画の國名作選 allright reserved.
上映作品
スリ〈ニュープリント版〉(1959年/フランス/74分/紀伊国屋書店=マ−メイドフィルム 配給)
PICKPOCKET
手先が器用な為、スリをして生計をたてている貧しい大学生と彼を慕う女の物語。スリの驚くべき手口がドキュメンタリー・タッチでリアルに描かれ切ない恋愛とサスペンスたっぷりの犯罪がクールに交差する傑作!
ラルジャン〈ニュープリント版〉(1983年/フランス = スイス/85分/紀伊国屋書店=マ−メイドフィルム 配給)
L'ARGENT
80歳を越え自身の映画美学の真髄を究めた遺作。偶然握らされたニセ札をきっかけに一家惨殺事件を引き起こし人生を転落した青年。手の表情を繊細にとらえた映像の数々は圧巻!

上映スケジュール
(全2作品 / 日替り上映)


10/29(土)〜11/4(金)
連日14:50から
10/29(土) 14:50(〜16:10終了)『スリ』
10/30(日) 14:50(〜16:20終了)『ラルジャン』
10/31(月) 14:50(〜16:10終了)『スリ』
11/1(火) 14:50(〜16:20終了)『ラルジャン』
11/2(水) 14:50(〜16:10終了)『スリ』
11/3(木・祝) 14:50(〜16:20終了)『ラルジャン』
11/4(金) 14:50(〜16:10終了)『スリ』


11/5(土)〜11/11(金)
連日18:40から
11/5(土) 18:40(〜20:10終了)『ラルジャン』
11/6(日) 18:40(〜20:00終了)『スリ』
11/7(月) 18:40(〜20:10終了)『ラルジャン』
11/8(火) 18:40(〜20:00終了)『スリ』
11/9(水) 18:40(〜20:10終了)『ラルジャン』
11/10(木) 18:40(〜20:00終了)『スリ』
11/11(金) 18:40(〜20:10終了)『ラルジャン』



Sorry Japanese Only. Copyright (C) 2002-2011 The Seventh Art Theater. All rights reserved.
第七藝術劇場Webサイトの画像、文章の転載は禁止しております。