お父さん、本当の私と 認めてください ──
ソウル・フラワー・トレイン

田舎の素朴な父親が 都会に娘を訪ねてきた。
そんな父と娘の古き良きホームドラマ。
…のはずが、、、

黒沢清、高橋洋、中原昌也などが大絶賛し、その才能を映画界に知らしめた、『ナショナルアンセム』の西尾孔志が約十年振りに長編映画を手がけた!原作は『マインドゲーム』で一部熱狂的な人気を博したロビン西の傑作短編漫画『ソウル・フラワー・トレイン』。

田舎町から西の都会大阪へ旅だったまま中々帰省しようとしない自慢の娘を訪ねた父が巡るロードムーヴィー。愛嬌と人情あふれる大阪の人々との交流と、“今”の娘の姿に驚愕する父の姿をまるでその目線になりきったかのようなまなざしで描き、さらに原作にはない大胆な人物像と表現で演出した人情劇。

なんと西尾自らがロビン西を訪れて、映画化が実現したある意味異色のタッグ作品だ。

主演にはバイプレイヤー平田満が徹底して素朴な田舎の父役を演じ、個性的で魅力あるキャスト陣が大阪の街を舞台に華やかに彩る。主題歌の〈少年ナイフ〉を筆頭に、〈クスミヒデオ(赤犬)〉、〈DODDODO〉など関西から世界へと活躍するミュージシャン達が原色の町・大阪に個性豊かな音色を響かせる!!

ロビン西監修のもと、西尾が大胆にアレンジした新たなストーリーが動きだす。

2013年/日本/97分
※デジタル上映
(c) 2013 ALEWO企画
西尾孔志
ロビン西(「ソウル・フラワー・トレイン」)
平田満、真凛、咲世子 ほか
1,300円 【公開初日前日まで販売】
一般1,800円
専門・大学生1,500円
中・高・シニア1,000円
小人700円
<< クリック

Sorry Japanese Only. Copyright (C) 2002-2014 The Seventh Art Theater. All rights reserved.
第七藝術劇場Webサイトの画像、文章の転載は禁止しております。