トークバック 沈黙を破る女たち
Talk Back Out Loud
人生は必ずやりなおせる!!
2013年/日本/119分/out of frame 配給
(c) out of frame


坂上香(『Lifers ライファーズ 終身刑を超えて』)
一般 1,800円
専門・大学生 1,500円
シニア 1,100円
中学・高校生 1,000円
小人 700円
<< クリック
女たちのアマチュア劇団──それは芸術か、セラピーか、革命か?
舞台はサンフランシスコ。元受刑者とHIV/AIDS陽性者が、自分たちの人生を芝居にした。暴力にさらされ、“どん底”を生き抜いてきた女たちの現実とファンタジー。舞台で、日常で、トークバック(声をあげ、呼応)する女たち。彼女たちの演劇は芸術か、治療か、それとも革命か?芝居を通して自分に向き合い、社会に挑戦する8人の女たちに光をあてた、群像ドキュメンタリー。

どんなにサイテーな人生だったとしても、恥じることなんてない。
顔をあげて、語るのよ!
『Lifers ライファーズ 終身刑を超えて』から10年。坂上香監督はこの映画の制作に8年を費やした。“どん底”を味わった女たちが、芝居を通して新しい生き方を模索する姿に監督自身が強く心を揺さぶられ、沈黙を強いられている人々にどうしても伝えたい、と映画の制作を決意した。多くの困難を乗り越え、8年の歳月を経て『トークバック 沈黙を破る女たち』が完成。
いま、スクリーンと舞台、そして新たな人生の幕があがる──

Sorry Japanese Only. Copyright (C) 2002-2014 The Seventh Art Theater. All rights reserved.
第七藝術劇場Webサイトの画像、文章の転載は禁止しております。