天に栄える村
2011年3月
震災と未曾有の放射能汚染──。
それでも、農家は諦めるわけにはいかない
この土地で生き、田畑を未来へ引き継ぐ為ために。
2013年/日本/106分/桜映画社 配給

原村政樹
余貴美子
1,000円 【公開初日前日まで販売】
一般 1,500円/専門・大学生 1,300円
シニア 1,100円/中学・高校生 1,000円/小人 700円
<< クリック
福島第一原発から70km離れた福島県天栄村は、里山に囲まれた人口6000人ほどの小さな村。
その恵まれた自然環境を大切にしながら、村人たちは農業を営んできた。
日本一おいしい米作りをめざす農家のグループ「天栄米栽培研究会」は、米のおいしさを競うコンクールで4年連続金賞を受賞。
しかし、2011年3月の原発事故で放出された放射性物質は、この村にも降り注ぎ、
田畑は汚染されてしまった・・・・・・。
それでも、農家は諦めるわけにはいかない。
この土地で生き、田畑を未来へ引き継ぐために。
彼らは、科学的な調査をもとに、出来ることは何でもやろうと立ち上がり始める。
未曾有の環境破壊を乗り越えようとする農家の人びとの苦闘を追った。

天栄村の農家からのメッセージ
私たち農家も消費者です。子どもを持つ親としての悩みは、都会の人たちと同じです。
原発事故によってもたらされた苦悩は、福島県民だけの問題ではありません。日本に暮らすすべての人に関わる問題です。
一旦、事故が起きたらどのようなことになるのか。
未来に向けて、どう行動を起こせばいいのか──。
私たちの活動を通して、共に考えていただきたいと願っています。


Sorry Japanese Only. Copyright (C) 2002-2014 The Seventh Art Theater. All rights reserved.
第七藝術劇場Webサイトの画像、文章の転載は禁止しております。