ほんとうのうた
〜朗読劇「銀河鉄道の夜」を追って〜
みえない力に導かれ、ぼくらはこの鉄道に乗った、下りた、また乗った。
耳を澄まし、声を響かす。
小説家、詩人、音楽家、翻訳家がかけめぐる、2年間の旅のレール。
2014年/日本/100分/Diet Chicken & Pool Side Nagaya 配給

河合宏樹
古川日出男、管啓次郎、小島ケイタニーラブ、柴田元幸 ほか
<< クリック
あの日を忘れないように──
震災後、宮澤賢治の声を手がかりとして、小説家・古川日出男と仲間たちが見つめ続けた世界。
彼らの旅を、カメラが追った2年間。

2011年12月24日、朗読劇「銀河鉄道の夜」が誕生した。
古川が賢治のヴィジョンを震災後の視点から戯曲化した「銀河鉄道の夜」。詩人・管啓次郎、音楽家・小島ケイタニ―ラブ、翻訳家・柴田元幸と共に作り上げた声の舞台は、東北をはじめ全国各地をめぐり、土地ごとの変容をとげました。失われた人々への鎮魂と、未来への希望。みえない力に導かれた4人のケミストリー、どこまでも続く線路の旅に伴走するロード・ドキュメンタリーです。
監督は、2年間に渡り彼らの旅を追った河合宏樹。独自の視点で切り取ったドキュメント映像、出演者のインタビュー、そして、そこに朗読劇の観客の一人である女優・青柳いづみが、彼らの訪れた東北の土地を再訪する“新たな視点”として加わります。レールに導かれるように乗車し、その土地で賢治を朗読する彼女を通して、銀河鉄道が土地から受け取ったメッセージをみつめます。
今春、<東京国際文芸フェスティバル2014>での先行プレミア上映で満場の大喝采をうけた本作が、新たなレールを走り出します。


僕たちは「流れ去るもの」に向きあってきた。僕という一人の小説家にできるのは、ひたすら瞬間瞬間に切実に反応することだけだった。なのに河合宏樹という監督が、それを連続するものとして記録した。その驚き。
こんなことを言葉に(文字に、声に)していいのか判断がつかないのだが、僕は、あの波濤によって何もかも「流れ去ったもの」になったわけではないのだなと感じた。この『ほんとうのうた』を観て感じた。あれらは過去ではない。そして、過去にしてしまえる物事でもないと。そのことを強く思う。──古川日出男

1月24日 トークショー・ミニライブ レポートUP!→こちら

Sorry Japanese Only. Copyright (C) 2002-2014 The Seventh Art Theater. All rights reserved.
第七藝術劇場Webサイトの画像、文章の転載は禁止しております。