おんなのこきらい
可愛くて、最悪。

2014年/日本/80分/SPOTTED PRODUCTIONS 配給
(c)2014 Gold Fish Films/MOOSIC LAB

加藤綾佳
ふぇのたす「女の子入門」(UNIVERSAL MUSIC)
森川葵、木口健太、谷啓吾 ほか
<< クリック
★MOOSIC LAB 2014 準グランプリ、観客賞、最優秀女優賞(森川葵)・男優賞(木口健太)
「可愛い」という名の「毒」を描いた唯一無二の恋愛映画、ここに誕生!

今迄に今泉力哉、BiS、大森靖子などが参加して注目された音楽×映画の実験室「MOOSIC LAB」に出品され、2014年度の準グランプリ、観客賞、最優秀女優賞(森川葵)、男優賞(木口健太)と実に4冠に輝いた本作。
森川葵が一世一代の大熱演を見せ、新鋭・加藤綾佳監督が対女性、対男性の女心の心理戦を見事に描き、3月にメジャーデビューも決定したポップロックバンド“ふぇのたす”のポップチューンが彩る。
上映のたびに好評を博し、リピーターが増えてゆき、遂にこの度、ディレクターズカット版に再度編集を施し、インディーズ映画ながら単独一般公開となる快挙を果たした。

【STORY】

23歳のデザイン会社勤務の過食症OL、キリコ。性格は最悪だが、彼女の取り柄はとにかく「可愛い」ということ。職場の男達にはちやほやされ、女の子には嫌われているが、女の子の価値は可愛いことがすべてと信じて日々を送るキリコには何も怖い物はない。しかしそんな日常が、思わぬ恋敵の出現と初めて自分を認めない男との出会いをきっかけに少しずつねじれ始めてゆく…。

4月17日 トークショー レポートUP!→こちら

Sorry Japanese Only. Copyright (C) 2002-2015 The Seventh Art Theater. All rights reserved.
第七藝術劇場Webサイトの画像、文章の転載は禁止しております。