ロング・ウェイ・ノース
地球のてっぺん

2015年/フランス・デンマーク/81分/リスキット、太秦 配給

監督 レミ・シャイエ

吹替版キャストサーシャ:上原あかり、オルキン:弦徳、サーシャの母:吉田小南美、サーシャの父:中西伶郎、トムスキー王子:前内孝文、ナージャ:石原夏織 他

公式サイトhttps://longwaynorth.net/

前売券1,500円【公開初日前日まで販売】 特典:クリアファイル

シンプルな画風の持つ圧倒的な表現力――世界27カ国目にして待望の日本公開! 舞台は19世紀ロシア、サンクトペテルブルグ。 14才の貴族の子女サーシャには悩みがあった。1年前に北極航路の探検に出たきり帰ってこない大好きな祖父。探索船は出たものの未だ行方が分からない。祖父と家族の名誉は失われ、祖父の名を冠する予定だった科学アカデミーの図書館も開館が危ぶまれている。ロシア高官の父は、そんな状況にあって、なんとかローマ大使の道を模索するが、そのためには社交界デビューの娘が皇帝の甥っ子に気に入られるしかないと考えている。 社交界デビューの日、サーシャは祖父の部屋から航路のメモを見つけ、それが捜索船がたどったものとは異なる事に気付く。再び捜索船を出して欲しいとサーシャは舞踏会の場で王子に懇願するが受け入れられない。王子の不興を買い、父からの叱責を受けた娘は、自ら祖父の居場所を突き止めようと決意する。― サーシャが目指すものは、祖父との再会、それが叶わなくとも遭難した艦船ダバイ号の発見、そして何よりも真実を突き止める為の旅だった。 なんとか港までたどり着き、北方行きの商船ノルゲ号に乗せて貰おうと船長の弟に話しを持ち掛けるが、手違いもあり港に取り残される。食堂の女主人オルガの手助けにて、住み込みで調理や給仕といった未経験の仕事をしつつ船の戻りを待つ。その頑張りが認められようやく船に乗り込んだ後に待ち受ける多くの試練。船乗りの経験も無く、しかも女性であるサーシャには、想像を絶する困難が待ち受けていた。 そして―

上映スケジュール
10/5(土)10:00字幕版
19:20吹替版
10/6(日)~11(金)17:05字幕版
19:00吹替版
10/12(土)12:20字幕版
10/13(日)12:20吹替版
10/14(月祝)~16(水)12:20字幕版
10/17(木)~18(金)12:20吹替版
10/19(土)休映
10/20(日)~22(火)18:00吹替版
19:50字幕版
10/23(水)~24(木)18:00字幕版
19:50吹替版
10/25(金)17:55字幕版
料金
一般1,800円
シニア1,100円
専門・大学生1,500円
中学生・高校生1,000円
小学生以下700円
会員1,000円