少女は夜明けに夢を見る

2016年/イラン/76分/ノンデライコ 配給

監督メヘルダード・オスコウイ

公式サイトhttp://www.syoujyo-yoake.com

第66回ベルリン国際映画祭ジェネレーション部門 アムネスティ国際映画賞受賞 この過酷な現実にどう向き合うのか 。少女たちの心の叫びに、いま世界は涙する。 高い塀に囲まれたイランの少女更生施設。無邪気に雪合戦に興じる、あどけない少女たちの表情を見ていると、ここが厳重な管理下におかれた更生施設であることを忘れてしまいそうになる。 ここには強盗、殺人、薬物、売春といった罪で捕らえられた少女たちが収容されている。社会と断絶された空間で、瑞々しく無邪気な表情をみせる少女たち。貧困や虐待といった過酷な境遇を生き抜いた仲間として、少女たちの間に流れる空気は優しく、あたたかい。しかし、ふとした瞬間に少女たちの瞳から涙が溢れ出す。自分の犯した罪と、それに至った自分の人生の哀しみを思う時に。 家族に裏切られ、社会に絶望してもなお、家族の愛を求め、社会で生きていかざるを得ない少女たち。レバノンのスラム街の少年を描いて話題となった『存在のない子供たち』(08)同様、「見えない存在(インビジブルピープル)」として、疎外されてきた彼女たちの心の嗚咽が問いかける。少女たちの罪の深さと、人間の罪深さとを_。

トークショー
12/14(土)13:45の回上映後 トークショー予定
<登壇予定者>
荘保共子さん
(認定NPO法人・地域包摂こども支援センター「こどもの里」理事長)
重江良樹さん
(『さとにきたらええやん』監督)
上映スケジュール
12/14(土)13:45
12/15(日)~12/20(金)12:25
12/21(土)~12/27(金)10:20
12/28(土)~12/30(月)12:05
12/31(火)~1/1(水)休館日
1/2(木)~1/3(金)12:05
以降未定
料金
一般1,800円
シニア1,100円
専門・大学生1,500円
中学生・高校生1,000円
小学生以下700円
会員1,000円