ドキュメンタリー沖縄戦 知られざる悲しみの記憶

2019年/日本/105分/配給:渋谷プロダクション

監督太田隆文

出演上江洲安昌、知花治雄知、上原美智子、照屋勉、長浜ヨシ、川満彰、比嘉キヨ、佐喜眞道夫、真栄田悦子、座間味昌茂、松田敬子、島袋安子、山内フジ、瑞慶覧長方、平良啓子、吉浜忍、平良次子、吉川嘉勝、知花昌一
(声の出演)栩野幸知、嵯峨崇司、水津亜子

ナレーション宝田明、斉藤とも子

公式サイトhttps://okinawasen.com/

前売券1,400円【公開初日前日まで販売】

戦後75年 沖縄戦・体験者12人、専門家8人による証言 日本で唯一の地上戦が行われた沖縄。その凄惨な戦闘をほとんどの日本人が知ることなく、75年の年月が経とうとしている。本土への疎開のため多くの子供たちが乗った対馬丸がアメリカの潜水艦によって撃沈され1482人が死亡。嘉数高地の戦いでは多くの日本兵、そしてアメリカ兵が戦死。陸軍司令部のあった首里城の攻防。さらには渡嘉敷島で起こった集団強制死。そして摩文仁の丘での牛島司令官の自決。だが、戦闘はそこで終わっていない…。 戦死者20万656人。県民だけを計算すると、当時の人口の3人に1人が死亡したことになる。そんな戦闘はどのようにして始まったのか? 住民が見つめたものとは何だったのか? その歴史の記憶を克明に描く。沖縄戦体験者12人の証言と専門家8人による解説。そして米軍が撮影した記録映像を駆使して紹介。 監督は原発事故の悲劇を描いた劇映画「朝日のあたる家」(山本太郎主演)で話題となった太田隆文監督。原発事故に続き、今回は沖縄戦をドキュメンタリーで描く。

上映は終了しました
舞台挨拶予定!

日時|8/1(土)12:40の回 上映後
登壇者|太田隆文 監督

- 開催終了しました -

上映スケジュール
8/1(土)~7(金)12:406F 第七藝術劇場
8/8(土)10:006F 第七藝術劇場
11:005F シアターセブン
8/9(日)10:006F 第七藝術劇場
11:005F シアターセブン
13:355F シアターセブン
8/10(月祝)10:006F 第七藝術劇場
11:005F シアターセブン
8/11(火)~8/14(金)10:006F 第七藝術劇場
13:355F シアターセブン
8/15(土)~8/21(金)15:006F 第七藝術劇場
未定5F シアターセブン
料金
一般1,800円
シニア1,100円
専門・大学生1,500円
中学生・高校生1,000円
小学生以下700円
会員1,000円
★入場システム、サービスデー・その他割引

※ナナゲイ、シアターセブンどちらの会員様も割引適用 ※スタンプ押印、招待券のご使用は各館のみ