街の上で

2020年 / 日本 / 130分 / 「街の上で」フィルムパートナーズ 配給

監督今泉力哉

脚本今泉力哉、大橋裕之

出演若葉竜也、穂志もえか、古川琴音、萩原みのり、中田青渚、成田凌(友情出演)

公式サイトhttps://machinouede.com/

今泉力哉監督が、変容する“文化の街”下北沢を舞台に紡ぐ、 古着屋と古本屋と自主映画と恋人と友達についての物語。
古着屋で働く荒川青は、恋人に浮気された上にフラれたが、いまだに彼女のことが忘れられない。そんな青のもとに、美大に通う女性監督から自主映画への出演依頼が舞い込む。行きつけの飲み屋では常連客から「それは“告白”だ!」とそそのかされるが—— 映画『愛がなんだ』『アイネクライネナハトムジーク』『mellow』『his』と話題作を立て続けに発表する今泉力哉が、共同脚本に漫画家・大橋裕之を迎え、オール下北沢ロケで挑んだオリジナル脚本による長編最新作。 主人公の青を演じるのは 『愛がなんだ』ナカハラ役で注目を集め、本作が映画初主演となる若葉竜也。主人公・青の元恋人である雪に、『少女邂逅』の穂志もえか。青が通う古書店の店員・田辺役に、『十二人の死にたい子どもたち』の古川琴音。青に映画出演を依頼する美大生の映画監督・町子役に、『お嬢ちゃん』の萩原みのり。町子が監督を務める現場の衣装スタッフ・イハ役に、新星・中田青渚。フレッシュな実力派女優陣が物語に彩りを添え、成田凌も重要な役どころで友情出演している。 また、『愛がなんだ』『退屈な日々にさようならを』『サッドティー』などでタッグを組んできた撮影・岩永洋、録音・根本飛鳥をはじめ、「今泉組」のスタッフが再結集。 街の住人たちとの他愛ない会話。魅惑的な女性たちとの出会いと別れ。変わらない想いと変わりゆく街並み。どこにでもある下北沢の日常が今泉独特のユーモアと優しさに包まれながら紡がれていく。「今泉映画最高傑作」の呼び声も高い、珠玉の群像劇。

ティーチイン
日 時|7/10(土)19:20の回 上映後
登壇者|髭野純さん(本作プロデューサー)
※オンラインでの出演。スクリーンに映写します

- 開催終了しました -

WEBチケットについて
上映スケジュール
7/10(土)・11(日)19:20
7/12(月)~16(金)19:50
7/17(土)19:35
7/18(日)休 映
7/19(月)~23(金祝)19:10
7/24(土) 19:40
7/25(日) 休 映
7/26(月)~30(金)18:50
7/30で終了
料金
一般1,800円
シニア1,200円
専門・大学生1,000円
中学生・高校生1,000円
小学生以下700円
会員1,000円
★入場システム、サービスデー・その他割引